こんばんは😊

今日は1月7日で七草粥を食べる日ですね!
1月7日の朝に七草粥を食べますが、なぜ7日なのでしょうか。
中国の古俗に人日というものがありました。これは、正月1日に鶏、2日に狗、3日に羊、4日に猪、5日に牛、6日に馬、7日に人、8日に穀を占うというもの。その日が晴天ならば吉、雨天ならば凶の兆しであるとされていました。


・芹(せり)……水辺の山菜で香りがよく、食欲が増進。
・薺(なずな)……別称はペンペン草。江戸時代にはポピュラーな食材でした。
・御形(ごぎょう)……別称は母子草で、草餅の元祖。風邪予防や解熱に効果がある。
・繁縷(はこべら)……目によいビタミンAが豊富で、腹痛の薬にもなった。
・仏の座(ほとけのざ)……別称はタビラコ。タンポポに似ていて、食物繊維が豊富。
・菘(すずな)……蕪(かぶ)のこと。ビタミンが豊富。
・蘿蔔(すずしろ)……大根(だいこん)のこと。消化を助け、風邪の予防にもなる。


みなさんは食べましたか?